白馬ジャンプ競技場

白馬ジャンプ競技場

白馬ジャンプ競技場は昭和62年に基本設計を行って、6年の歳月をかけて平成4年11月に完成。
翌年には待望のオールシーズン化も完成し、
1998年長野冬季オリンピックでは、感動のステージとして、日本はもちろん世界的にも脚光を浴び広く知られた場所です。
ノーマルヒル・ラージヒルの間にあるリフトに乗車すると地上約140メートルの高さにあるスタート地点まで登ることができ、
平成26年にはスタートタワーの中2階にオリンピックギャラリーを新設しました。

よろしく!